コスメレポート

気になるコスメやサプリメントの口コミまとめ


「スキンケア」お肌の実際~後編~

「スキンケア」お肌の実際~前編~をまだ見てない方はコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「スキンケア」お肌の実際~前編~

皮膚の手入れ以外にスキンケアに役立つものはあるか

スキンケアを助けるバランスの良い栄養

ビタミン、タンパク質、脂肪、炭水化物そしてミネラルは、皮膚の代謝や働きに大切なものです。

食物に含まれる栄養素が不足すると、皮膚にトラブルがおきることがあります。

スキンケアには各、栄養素が不足しないことが大事です。たくさん食べたからといって、皮膚の状態がよくなるわけではありません。

からだ全体のことを考えて、いろいろな栄養素を含むバランスのとれた食事を心がけましょう。

エネルギー的には、肥満にならない必要最低限のカロリーをとっていれば十分です。

体内からのスキンケアに役立つ有酸素運動

運動をすると、皮膚に分布する細かい血管に十分な血液が流れて、酸素と栄養分が皮膚に供給されます。

これは体内からのスキンケアと考えられています。こうした体内からのスキンケアには、有酸素運動(エアロビック・エクササイズ)といって、
水泳、ジョギング、ウォーキング、自転車など、十分に酸素を補給しながら行う運動が適しているとされています。

しかし、血液循環がよくなること以外に、運動が皮膚にどのような影響を与えるかを調べた医学的報告はほとんどありません。

ところで、皮膚の健康のためには運動やスポーツが大切であることは確かですが、同時に、スポーツでおこる皮膚のトラブルに注意することも忘れてはなりません。

その主なものを種目ごとにあげていきます。

・ゴルフ=日焼け/虫刺され/草かぶれ/靴擦れ/まめ
・テニス=日焼け/靴擦れ/まめ/擦り傷/
・水泳=日焼け/乾燥肌/髪の毛の脱色/皮膚の感染症(いぼ、みずいぼ、とびひ、みずむし)
・ジョギング、ランニング=汗かぶれ/靴擦れ/まめ/ジョガー乳頭/足底の点状出血
・スキー=凍傷/乾燥肌/雪焼け(日焼け)

アウトドア、スポーツでは、汗と日光、そして摩擦の刺激から皮膚を守るスキンケアが必要です。

ストレス対策もスキンケアには重要

精神的、肉体的なストレスが強くなると、いつものスキンケアが出来なくなることがあります。

疲れきってしまい、化粧を落とす元気もなく、顔も洗わず、お風呂にも入らず寝てしまった経験はありませんか?

そして次の日の朝、鏡に映った顔をみて後悔したことはありませんか?
このように、必要なスキンケアをできずに、皮膚にトラブルがおきるケースがあります。

普通肌の人でも、強いストレスが加わったり、長くストレスが続くと、皮膚に変化がおきます。

手足や全身に汗をかきやすくなる、顔がほてる、皮膚がかゆくなるなどは一時的な変化で、ストレスがとれると元の皮膚に戻ります。

また、ストレスがきっかけで皮膚病がおこることもあり、こうした病気としては、蕁麻疹、にきび、円形脱毛症、尋常性乾癬が知られています。

以上のように、ストレスは肌荒れや皮膚の病気の原因になります。

ですから、皮膚の健康のためには日常のストレス対策が大切です。

睡眠不足や過労をさけ、規則正しい生活を心がけてください。また、精神的ストレスに対しては、リラックスを心がけ、重大な問題が生じたらまわりの人や家族に早めに
相談するなどの対策が必要です。

残念ですが、ストレスでおこる皮膚病を予防するスキンケアはありません。またストレスが加わっておきる肌荒れを、スキンケアで予防することもできません。

洗顔の基本と洗顔料の使い方

洗顔の基本について説明します。参考にして、自分にあった洗顔法、あなたにとって正しい洗顔法をみつけてください。

アメリカ流、洗顔の流儀

洗顔の基本

★ぬるま湯で皮膚の表面の汚れを洗い流す。
★手に洗顔料をとり、泡立て、優しくなで洗いする。
★一通り洗ったら、すぐ洗顔料をすすぎ落す。
★洗い終わったら、濡れたタオルを軽く押しあて水分を吸い取る。

タオルは、乾いたタオルよりも、一度ぬらして固くしぼったタオルの方が水をよく吸い取ります。水分を取るときも、皮膚をこすらないでください。

洗顔料の使い方

顔の皮膚の汚れには、汗、皮脂、ほこりやごみ、油性の化粧品、そして垢が混じっています。

このうち洗顔料が必要なものは、皮脂と油性の化粧品です。

どちらも皮膚の表面についている汚れなので、洗顔料を使えば、なで洗いするだけで汚れは十分に落ちます。ぬるま湯を使うのは、この脂分のある汚れを落としやすくする
ためです。

顔の皮膚はこする刺激に弱く、強くこすると赤くなる、腫れる、かさつくなど、肌荒れの原因になります。

洗浄力の弱い洗顔料でも、皮膚にふれている時間が長くなると、刺激され始めます。洗顔料は、石鹸や洗顔フォームを好みで選んでください。

皮膚が乾燥ぎみの人は脂落ちの少ない洗浄力の弱いものを、脂っぽくなりやすい人は洗浄力の強めのものを選ぶこともできます。

洗浄力の弱いものを使い、二度洗いで調節するのも上手な方法です。

上手なメイク落としの方法

3fc769f8bdca042152f12f8d0e441616_s

メイク落としも洗顔の基本が大事です。石鹸などの洗顔料が主役です。

まずティッシュペーパーなどで浮いた化粧品を吸い取ります。

次に、大ざっぱにぬるま湯で下洗いします。さらに、石鹸などの洗顔料を手にとって泡立て、皮膚を優しくなで洗いします。

すすぎをして皮膚のぬめり感がとれれば、洗い終わりです。

ファンデーションのような、粘着性が強くて油分の多い化粧品を落とすときは、クレンジングクリームを使います。

クレンジングクリームを化粧をしているところに薄くのばします。

皮膚についている化粧品とクレンジングクリームを混ぜるような感じです。あとは、洗顔料を使って同じように洗います。

メイク落としで大事なことは2つあります。

1つは強くこすらないこと、もう1つはクレンジングクリームだけで終わりにせず、最後に洗顔料を使うことです。

顔の皮膚はこする刺激に弱いのです。テレビや映画で、化粧ペーパーでごしごしふき取っている俳優をみることがありますが、決して真似をしないでください。

洗顔料の必要性と選び方

洗顔の時に、石鹸や洗顔フォームなどの洗顔料を使います。

特に、毛穴は脂腺から出る皮脂の通り道で、皮脂がたまりやすく、にきびや脂漏性皮膚炎という肌荒れが起きやすいのです。

皮膚の汚れのうち、ほこりやごみ、汗、垢(古い角質)は水洗いで落ちます。しかし、皮脂と油性の化粧品を落とすには、洗顔料が必要です。

自分にあった洗顔料をみつけるのは簡単です。まず普通の浴用石鹸や洗顔用石鹸を買います。

もちろん、化粧品会社の宣伝をみて使ってみたい洗顔料があれば、それでも構いません。

次のような洗顔の基本を守って、洗ってみます。

★ぬるま湯でざっと下洗いする。
★手に洗顔料をとって泡立て、やさしくなで洗いする。
★洗ったら、すぐ洗顔料をすすぎ落す。
★洗い終わったら、濡れたタオルを軽く押しあて水分を吸い取る。

洗顔料が皮膚についている時間をできるだけ短くし、こすらないことが重要です。

洗い終わって、皮膚が赤くなったり、ひりひりしたりせず、また、つっぱり感が気にならなければ、よい洗顔料です。

洗顔の基本を守っているのに皮膚のトラブルがおきたときは、「低刺激性」「無香料」「マイルドな」「脱脂力の弱い」「敏感肌用」などの表示のある洗顔料を試してみましょう。

皮膚のタイプと洗顔法の違い

皮膚の性質に合わせて、洗顔の仕方を変えてください。

女性では、年齢、季節、月経周期で皮膚の性質が変化することがあります。

荒れ性とは乾燥肌のことです。乾燥肌の洗顔法で気を付けてほしいのは、洗いすぎないことです。

入浴の時や寝る前の洗顔は、洗い落ちの弱い洗顔料を使う、手で軽くなで洗いする、洗顔後に保湿化粧品を使うことが、基本的な方法です。

あとは乾燥肌の特徴である、つや、潤い、なめらかさ、はりの不足と、こじわが目立たないことを目標に、洗う回数と洗顔料を使う回数、どの洗顔料を使うか、どんな保湿化粧品を使うか、などを工夫してみてください。

脂性の皮膚は脂性肌とも言われます。洗顔料をまめに使うことが洗顔のポイントです。

「肌のてかり」「皮膚のべとつき」具合を参考にします。特に脂腺がたくさん集まっている脂漏部位、つまりTゾーン(額の中央、まゆ毛のあたり、耳のまわり、鼻の周辺、あご)は皮脂の分泌量が多い部位なので、念入りな洗顔が必要です。

ほとんどの女性の顔は、脂性肌と乾燥肌とが混じりあっています。

洗顔では、乾燥肌の部位は乾燥肌の、脂性肌の部位は脂性肌の洗い方をします。

たとえば、温かいおしぼりを皮膚の脂っぽいところに当て、まず皮脂を吸い取ってから洗顔するとか、顔全体を洗浄力の弱い洗顔料で一度洗い、その後、脂性肌になりやすいところ
だけを二度洗いするなどは、簡単で効果のある工夫です。

イオン水とスキンケア

c6d0c99e5de050f1c04d9efb91e75b0e_s

イオン水については、まだ評価が定まっていません。

スキンケアに効果があるという人もいれば、効果がないという人もいます。

効果を確認するためには、なぜ効果があるかを論理的に説明できる、何度でも同じ効果が出る、場所や人を選ばず効果がある、などの証明が必要です。

なおPHが3.9以下の強い酸性水は逆に皮膚を刺激するといわれていますので、注意してください。

イオン水は水を電気分解してつくります。陽極にできる水は陽極水(プラスイオン水)あるいは酸性水とよばれ、陰極に出来る水は陰極水(マイナスイオン水)あるいは
アルカリ水とよばれます。

水を電気分解するアルカリイオン製水器は、医療用物質生成器として厚生省の承認を受け、市販されています。

これまではもっぱら、胃酸過多の治療などに飲み水として使われていました。

洗顔後の化粧品の使い方、選び方

洗顔後すぐに化粧品をつけるのはよくない、ということはありません。

つける必要があるかないかが問題なのです。洗顔後、化粧品をつけるまでの時間は、季節によって違います。

冬季の空気の乾燥する時期には、洗顔後30分で皮膚のつっぱり感があるかどうかを、一度確かめてください。

つっぱり感があれば、次回からは洗顔後15分以内に保湿効果のある化粧品を使います。

皮膚の表面に水分が残ってしっとりしているうちに使うと、効果が出ます。化粧水よりは、油分の多い乳液やクリームが適当です。

夏季の湿度が高く汗をかきやすい時期には、洗顔後30分経ってから、つっぱり感のあるところに化粧水か乳液をつけます。

30代は普通ではまだ、保湿効果のある化粧品が必要な年代ではありません。洗顔法と洗顔料の選択だけでスキンケアが期待できます。工夫してみてください。

化粧品と乳液の選び方としては、これらが洗顔後に使う化粧品であることを考えると、洗顔時にできた細かな皮膚の傷を刺激する成分の入っていない製品を選びましょう。

使った時にひりひりしたり、赤くなるような製品はやめましょう。消毒薬やアルコールの入ったものは必要ありません。

しみ・しわとスキンケア

こするとしみやしわができやすいのは、全身の皮膚も同じです。

こすると皮膚は傷つきます。垢こすりや皮膚を強くこする洗い方は絶対にせず、また、ナイロン製のタオルやブラシのように皮膚を刺激する道具は使わないでください。

皮膚をこすりすぎたために皮膚に異常が出て、乾燥性皮膚炎、亀裂性皮膚炎、色素沈着症と診断される人が少なくありません。

乾燥性皮膚炎は、すねなどもともと皮膚が乾燥しやすい部位に、湿度の低い時期に出やすいものです。皮膚は、それでなくても老化すると乾燥します。

そのため、中年以降の人が若い時と同じようにこすり洗いを続けていると、皮膚のかゆみやただれがおきて乾燥性皮膚炎になりやすくなります。

乾燥性皮膚炎は皮膚表面のかさつきで始まります。

皮膚のつやがなくなり、表面が粉っぽくなり、手触りががさがさします。

進行すると皮膚がひびわれ、かくと簡単に皮膚のただれが出てきます。

布団に入ると、かゆくなったり、ナイロンストッキングをはくと、かゆくなるなら要注意です、治療が必要です。

亀裂性皮膚炎は、足のかかとがひびわれてくる肌荒れです。

表面が荒れてストッキングが引っかかったり割れて痛いので、軽石をかけて表面をなめらかにする人が多いのですが、そうすると、こすられることが刺激になって皮膚はいっそう硬くなり、弾力性がなくなります。

それでまた軽石を使うという悪循環が始まります。

ひじやひざの外側にも、同じトラブルがおこることがあります。

こすることで皮膚の表皮が変化するのが、肌荒れ悪化の理由です。

表皮の一番外側の角層は、古くなると垢になります。この垢を落としすぎると、角層のもつ大事な働きが出来なくなります。つまり皮脂と水分を含んで皮膚にうるおいを与えたり、外的な刺激から皮膚を守ることが出来なくなるのです。

最後に、色素沈着は、こする力の強いナイロン製のタオルを使っているうちに、黒褐色のしみが出来てくる病気です。

鎖骨や肋骨の上の皮膚や、つい強くこすりがちな腕、首の皮膚によく見られます。

へちま、スポンジ、たわし、麻タオルを使っているときも、同じトラブルが起きることがあります。

上手な手のスキンケアのポイント

手のスキンケアのポイントは、「皮膚を乾燥させない」「刺激のあるものを素手で扱わない」そして「強い日光に当てない」ことです。

具体的には次のようなことが
大切です。

★洗剤を素手で使わない。ビニールやプラスチックあるいはゴムの手袋をつける。
★寒気や冷水に素肌をさらさない。
★水仕事のあとには保湿剤をぬる。
★手を日光に当てない。
★肌荒れができたらすぐ手当をする。

女性に手荒れができやすいのは、洗剤と水を使う仕事をする機会が多いからです。

特に、洗剤を使う機会が多いと、皮膚の表面を覆っている皮脂が洗い落とされて乾燥し、外界からの刺激に対する皮膚の抵抗力が落ちてきます。

その結果、正常な皮膚のときには問題にならなかった刺激、たとえば食物や調味料、さらに水やシャンプーなどで皮膚にただれが起きやすくなります。

日光は、皮膚に弾力性をもたせる真皮の成分、弾力線維を変化させ、深いしわを作ります。

皮膚の表面の細かい「しわ」は、皮膚が乾燥するといっそう目立ちます。
木綿手袋は、家事をするときに、皮膚を刺激、乾燥そして日光からまもるための必須アイテムです。上手に利用してください。

月経時のスキンケア

月経時のスキンケアでは、下記がポイントです。

★洗顔、洗髪をまめにする。
★皮膚の荒れているところには化粧をしない。
★かゆみがあるときは早めに治療薬をつける。

月経前と月経中には、鼻のまわりや額、耳のまわりなどの顔のTゾーンや頭皮など脂腺の多い皮膚で、皮脂の分泌量が増えます。

そのため、皮膚のてかりやべとつきが目立ってきます。

このようなところは洗顔料やシャンプーを使って手でやさしくなで洗いし、皮膚の表面の脂を落としてください。

月経中の肌荒れの主役は、脂漏性皮膚炎とにきびです。

脂漏性皮膚炎は、皮膚が赤くなったり、かさついたり、かゆくなることもある肌荒れです。

ふけが増えたり、頭にかゆみが出ることもあります。

にきびは、みなさんおなじみでしょう。小さいぷつぷつで、肌色や赤い色をしています。「吹き出物」と呼ばれることもあります。

脂漏性皮膚炎でかゆみがあってかいたり、にきびをついついさわってしまうと、肌荒れがひどくなります。このような時は、早めに皮膚科医に相談しましょう。

虫刺されのあとを残さない治療法

810e4b063b417fddd11a30baaf1a3fc8_s

湿疹や虫に刺されたあとをかきくずすと、治りが遅くなります。

塗り薬をぬった場所はガーゼや包帯、ネットなどで覆い、爪でかけないようにしてください。

もちろん、塗り薬を使用したときは化粧品の使用はひかえます。

皮膚科には、テープの形になった塗り薬があり、これを患部に貼れば治療と保護を一緒に出来ます。

一番効果があるのは、ステロイドホルモン入りの塗り薬です。

虫に刺されたあとが残るのは、かきくずすのが原因です。

夏、刺されたところがかゆくてかき続けていると、だんだん盛り上がってきて、しこりになります。
これが治らないまま秋を迎えると、今度は、虫に刺されていない皮膚も敏感になってかゆくなります。

そして、かくとまたしこりになり、次第にしこりの数が増えていくことになります。注意してください。

健康食品とスキンケアの効果

d6d81e7715ca77e94fe7a9645a17d5eb_s

残念ですが、食品や健康食品で皮膚の老化を予防することはできません。

皮膚の老化の主役は、表皮が薄くなったり汗腺や脂腺の働きが低下して皮膚が乾燥することと、日光の紫外線による障害です。

そのほかに、表皮の新陳代謝が衰え古い角質が残るためにできる皮膚のくすみ、毛の伸びが遅くなることや、皮膚の血管が細くなるなど、様々なものがあります。

このような老化による変化を、食品に含まれるビタミン類やいろいろな栄養素で遅らせることはできません。

ストレス対策とスキンケア

ストレスで皮膚が荒れるのは2つの理由が考えられます。

1つは、ストレスによって皮脂の分泌量が増え、皮膚が脂っぽくなり、脂漏性皮膚炎やにきびになりやすくなることです。

もう1つは、精神的・肉体的なストレスのためにゆとりがなくなり、十分なスキンケアができなくなることです。

洗顔回数が減ったり、化粧品を落とさずに眠ってしまったり・・・

メイクを落とさず寝るとどうなるの?

皮膚が荒れるのは当然です。また、ストレスで汗をかきやすくなっているとき、入浴もせずに寝たのでは、皮膚がかゆくなるのは当然のことでしょう。

現代の社会で、ストレスのない生活は考えられません。したがって、睡眠不足や過労をさけて、心身のリラックスをはかることはとっても大事です。

なかでも私がオススメするのは、仕事と関係のない人間関係をつくることです

スポーツクラブ、趣味のサークルなど交流の場はいろいろあると思いますが、自分とは違う職業、年齢、性別の仲間と付き合うことが大切です。

こうすることで考え方に柔軟性や幅ができ、ストレスを客観的にみる目が養われ、ストレスとの付き合いかたが上手になると思います。

スキンケアの悪条件=たばこ・お酒・睡眠不足・便秘

b7132f2a5493c10cbd99d0fbb8c815b4_s

・たばこと皮膚
たばこが皮膚に悪いことは、はっきりしています。たばこを吸うと、たばこをはさむ指の皮膚が黄色くなる、顔のしわが増える、口や粘膜やくちびるに皮膚がんの一種
(有棘細胞がん)ができやすくなる、血液循環が悪くなるほど、皮膚をめぐる様々なトラブルが報告されています。たばこで顔のしわが増えるのは、
たばこによって皮膚の真皮が傷つき、日光の紫外線による老化と同じような変化をおこすためです。また、血液循環が悪くなると、皮膚の傷の治りが悪くなります。

・アルコールと皮膚
アルコールが血液を通って皮膚を直接痛めることはなさそうです。ただし、アルコールで体温が上がって皮膚がかゆくなったり、汗をかくために皮膚が荒れることは考えられます。

・睡眠不足と皮膚
睡眠不足になると皮脂の量が多くなり、脂漏性皮膚炎やにきびになりやすくなる人がいます。

・便秘と皮膚
患者さんから、便秘をするとにきびがでやすくなる、と聞くことがありますが、便秘と皮膚の関係を調べた医学論文はほとんどないのではっきりとしたことは言えません。

「スキンケア」お肌の実際まとめ

長々とご拝読ありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

今回のレポートを執筆するにあたりたくさんの専門書や実際にスキンケアに詳しい方のお話も伺いましたのでかなり自身を持った内容となってます!

ネット上にはもちろん正しい知識もありますが間違った知識が非常に多いので皆さんもただの流行りなどに流されずに正しいスキンケアを行って綺麗になりましょう☆

この記事を書いた人

寺西由
寺西由メイクアップアーティスト
専門学生時代から撮影やファッションショー、アシスタントなどで経験を積み、卒業後、有名メイクブランドでビューティーアドバイザー(BA)として働き、その後、上京しメイクアップアーティストのアシスタントとして雑誌、ファッションショー、映画、広告などの現場で経験をした後、独立し
フリーランスのヘアメイクアップアーティストとして活動を開始する。
ほぼ同時に、美容ライターとしても活動を開始。

 - コラム, スキンケア , , ,