コスメレポート

気になるコスメやサプリメントの口コミまとめ


目指せ美白美肌!紫外線の知識と正しい日焼け止めの塗り方

bb27a76b7169ca6cab18786466703314_s

日焼けするとお肌の組織が壊れシミ、シワ、たるみが増え、老化が早く進むということが解っています

正しく日焼け止めを塗ることで、お肌の組織を守り若々しいお肌を保ちましょう!

紫外線によるダメージはUVAとUVBで違う

一般的に、紫外線とは「UV-A波」「UV-B波」「UV-C波」の3つのことを指しているということはご存知でしょうか?

UVCが1番人体にとって悪影響を与えるのですが、オゾン層に遮られ地上まで届くことはほとんどないものなので、ここでは説明を省きます。

UVA
浸透力が強く雲やガラスなども通過する為、曇りの日なども注意しなければいけません
お肌奥の真皮と呼ばれる所まで達し、真皮にあるコラーゲンなどの組織を破壊する為、シワ、たるみなどが増え、老け顔の原因になります
PA値が高いほど有効です。

UVB
UVAよりは浸透力が強くないですが、お肌の表皮の細胞膜を破壊する為、肌が火傷を負い、赤くなった後、黒くなる原因になります
肌が炎症を起こすとお肌が細胞を守る為メラニン色素を生成する為、シミ、そばかすの原因になります。SPF値が高いほど防げます。

日焼け止めは、時と場合によって使い分けましょう!

SPF値とPA値どちらも高いほど良いと言うものではないのです

なぜなら、SPF値PA値が高くなればなるほど、お肌に負担もかかってしまうからです。

目安としては普段の外出で数時間外に出る場合
SPF20〜30 PA++〜+++

長時間外でスポーツをする、海などで遊ぶ場合
SPF50 PA+++〜++++

そして、日焼け止めは開封すると、どんどん酸化が進みます

1年前の日焼け止めは使わないようにしましょう!

お肌トラブルの原因になりますし、日焼け止めの効果もなくなっています。

日焼け止めいつ塗ればいいの?

日焼け止めは夏だけではなく、一年中365日外出するときには塗る!のが理想です

夏以外は紫外線の量は減るものの、全くなくなる訳ではないからです。

78117d311b0dc5d41ed9ff91331732cd-300x244

出典:http://salondemake-espace.com/news/archives/141

このグラフを見て頂いてわかるように、春や秋もUVA数値は非常に高いです!

夏だけでいいや〜
なんて油断していたら、シミやシワがどんどん増えてしまうかも!

日焼け止めの正しい塗り方

とりあえず塗っておけば安心でしょ!なんて思っていませんか?

実は日焼け止めは正しい塗り方をしないと効果が薄れてしまいます

①乾燥しているお肌は保湿してから塗る!
日焼け止めを塗っていると、どうしても時間が経ってくると乾燥してきます
保湿しておくことで乾燥からお肌を守りましょう
さらに、乾燥しているお肌に日焼け止めを塗っても落ちやすくなります
乾燥している場合は、オイルがあまり入っていなくて馴染みやすい、ボディーミルクなどで保湿してから塗りましょう。

②外出する20分ほど前には塗っておく!
外出する直前の方が効果が発揮される様な気がしますが、実は日焼け止めはお肌に馴染まないと効果を発揮しません
日焼け止めがお肌に馴染むまで、約15〜20分かかります
外出する20分ほど前には塗っておきましょう。

③適量を付けて、こまめに塗り直す!
日焼け止めはケチると効果が発揮されないので、必ずはじめに適量を確認してから使用しましょう!
顔と両腕、両足なら大体、500円玉くらいが目安です
擦り込まずに優しく伸ばしましょう
どうしても汗をかいたり、服に擦れたりすると、日焼け止めは取れてしまいます
2、3時間おきに汗を拭いてから塗りましょう。

日焼け止めを塗った後もアフターケアは忘れずに!

日焼け止めを塗った後は、しっかり落とすことも忘れずにしなければいけません

ウォータープルーフの日焼け止めなどは、ボディーソープだけでは落ちないものもあるので最初にチェックしておきましょう。

日焼け止めを塗っていても多少は焼けてしまうので、炎症を抑える為に肌を冷やし、保湿することが大切です!

日焼けのアフターケアボディークリーム、ジェル、ローションなど色々ありますが、冷却効果もあるものを選ぶと一石二鳥でオススメです。

まとめ

夏は特に紫外線が多いので正しく日焼け止めを塗って、数年後も綺麗な美白肌を保ち続けましょう

もうすでにシミが、、、

という方も、諦めずに日焼け予防と美白を続けると本当に薄くなりますよ!

この記事を書いた人

寺西由
寺西由メイクアップアーティスト
専門学生時代から撮影やファッションショー、アシスタントなどで経験を積み、卒業後、有名メイクブランドでビューティーアドバイザー(BA)として働き、その後、上京しメイクアップアーティストのアシスタントとして雑誌、ファッションショー、映画、広告などの現場で経験をした後、独立し
フリーランスのヘアメイクアップアーティストとして活動を開始する。
ほぼ同時に、美容ライターとしても活動を開始。

 - コラム, スキンケア, 美白 , , , ,